大学を卒業し、6ヶ月の苦しい研修を終えて(ここで挫折して辞めていく人も多い)、初めて配属されたチームの4年先輩、それが私の夫です。

とっても研究熱心な彼。マジモードに入ると、近寄るなオーラが発生し、他部署の人を圧迫していました。しかし、私はなぜかそのオーラを突破することができたらしく、なかなか度胸があるとみられていたらしい。(先輩&同期の話より)

私は技術系として入社し、一人前のエンジニアとなるべく日々精進していた・・・つもりだったけど、周りのレベルに全然追いつかず、何度も家で泣きました。




そりゃそうだ。

だって、私は田舎の名前書けば入れるような大学しか卒業していなくて、サークル活動(飛行機づくり)に没頭し、情熱だけでドデカイ会社に入れてしまったのだから。

周りは東大、京大は当たり前。私立でも有名大学出身者ばかりで、学歴の話になると本当に苦痛でした。

学歴コンプレックスがあるとはいえ、せっかくこんな企業で働かせてもらえるチャンスを得たのだからと、必死にお仕事していました。

そして、2年が経つと「自分はどうなりたいか」「どんな先輩になりたいか」を考えるようになり、所属長との年2回の面談では、常に彼(夫)を目標としていることを伝えていました。
(ちなみに、そのときは恋愛関係は一切ない。)

リアルに目標としている人物が近くにいるというのはとても贅沢で、非常に勉強になりました。
そして、常に私は彼に追いつきたくて、でも全然遠くて、日々悔しい思いをしていました。


・・・やっぱり私ってバカなんだなぁ。。。って。

悔しい



同じフィールドで働くこと3年。私はなぜか、エリート部署へ異動になりました。

謙遜ではなく、絶対に所属長のチョイスミスです。職場のみんなに愕然とされた瞬間は忘れません。

結局、私は実力で夫に勝てず、でも優秀部署へ押し込められました。


同じフィールドで勝てなくても、新天地で大きな仕事して彼と対等にビジネスの話をできるようになりたい。

私はそこでも必死に頑張ったツモリでしたが、やはり勝てた気がしませんでした。

何ができたら「勝ち」で、何ができなかったら「負け」なんて境界はありませんでしたが、同じ会議に出席する場面になると、やはり知識力も技術力も判断力も圧倒的に差を感じていました。



色々とあって、付き合うことになり、なんと3ヶ月付き合ってスピード結婚してしまった私たち。
(ここは話すと長くなるので省略)



もうこれ以上頑張れない・・・

きっと私は一生彼に「勝つ」ことはできないんだ・・・

そんな絶望感を感じつつ、表向きは「寿退社」的なことにしました。


同じ会社で勝てないのであれば、新しい環境で頑張ってみようと色々試しましたが、やっぱり家に帰って仕事のことを考えている夫を目の当たりにすると、応援したい気持ちと悔しい気持ちが入り混じっていました。


そして、もうすぐ彼は主任の試験を受けます。

もう私の手の届かない存在になってしまったのか・・・(←夫婦なのに常にライバル視。笑)




彼に追いつくには、

彼を追い越すには、

何をどう頑張ればいいんだろう?



ちょっと前まで、夢や目標を常に持っていた私ですが、結婚してからは不毛な日々を過ごしています。



起業家の知り合いにそんなことをしょっちゅう相談していました。

そして、彼に追いつきたいのならば、会社を作るしかない!と考えたのです。

悔しさのバネはだいぶ強固になっていて、不妊治療で体調不良を抱えている以外では、私のジャンプ力はとてつもないものになっている状況です。

私は、夫を支える人間になりたいとも思うのですが、

それと同時に、常にライバル同士でありたいのです。
(彼は私のことをライバルなんて微塵も感じてないでしょうが・・・)



まだまだ構想は練っている最中で、実行に移せていませんが、もう心に決めていることがあります。

私は社長になる!
(海賊王に、俺はなる! 的な勢いで)

もうそれしかないのです。この田舎で、このバカさかげんで一流企業に入って一からまた頑張るなんて無理。ていうか、夫の年収を超えるのには、もはや社長になるしかないのです!



こいつ、バカじゃね?と思った人!!

正解です。その感情。

でもね、社長とかリーダーって、だいぶバカで少々メンタルやられてる人がなるもんなんだな。

子供のころからだいぶネジが外れまくっている私ですが、だからこそ、他の人ができないことをやってしまえるのである!!私、時々、信じられない奇跡を起こすんです!

だからここで宣言します!


私は、社長になりまーーーす!!

「何度も」 by RAMWIRE


RAM WIRE BEST
RAM WIRE
SMAR
2015-12-16



いつも私が励まされている曲。RAM WIREは私の大好きなアーティストです
元気の出る音楽ばかりなので、ぜひ視聴してみてください




さて。

社長になる準備をしなければ。

脱・ダメ30歳。

階段3

30代は、もっともっと輝いてみせよう。20代で頑張った倍以上に頑張ってみよう。

スタートライン

夢が叶って号泣した春からちょうど10年。決断する時期としてふさわしいではないか!!

また夢を叶えて、大号泣してみせよう。
そして、次にもっと難しいことにチャレンジして、挫折して思いっきりすりむいてやろうではないか!!

ケガすることはめちゃくちゃ怖い。大きく挫折したことも、屈辱を感じたことも、10年前のことを考えるととっても怖い。

でも、震えるほど怖くても、悶々とした日々を過ごすよりはきっと充実した人生になるんだと私は思う。短命で結構!細く長くなんて、私らしくない!

歯応え抜群の麺になったろーやないか!!

「僕らの手には何もないけど、」 by RAM EIRE

RAM WIRE BEST
RAM WIRE
SMAR
2015-12-16




自分を信じてみよう、

そう思った土曜の夜中でした。

I belelieve in me



  トト子の妊活ブログ:
>>「犬と夫と妊活と。」もよろしくお願いします 

↓ポチッと応援お願いします!(ランキング参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村